コパン・ルイナス市観光課公式ホームページ-food

Comida Hondurena  ホンジュラス料理

日本では、メキシコやブラジルなどの中南米料理が知られていますが、ホンジュラスにも独特の料理が多くあります。トウモロコシが主食で、それからできた「トルティージャ」「タマル」「アトール」は古代マヤ時代から食べられているものです。朝食と夕食は軽めで、昼食にしっかり食べるのがホンジュラス流です。
Buen provecho!(ブエン プロベッチョ!)=食事をしている人に掛ける言葉で「食事をお楽しみください」という意味があります。その答え方は、Gracias!(グラシアス!)=「ありがとう」です。是非使ってみてください。

Desayunos y Cena  朝食と夕食

主にデサユノス(朝食)、セナ(夕食)、メリエンダ(おやつ)に食べられる料理を紹介します。

トルティージャ Tortilla トルティージャ

水でこねたトウモロコシの粉を、鉄板の上で香ばしく焼いたものです。日本の「ごはん」の様に食べられている主食です。冷めないように布に包んだ状態で出てくる店もあります。

ティピコ Tipico ティピコ

一つのお皿にフリホーレス、卵料理、チーズ、クリーム、バナナを焼いたものが載せられ、トルティージャと一緒に食べるのが定番郷土料理ティピコです。これに焼いた肉やフレッシュサラダが加わるティピコもあります。

バリアーダ Baleada バレアーダ

小麦粉を水でこねて薄く丸く焼いた生地の間に、フリホーレス(煮豆をこしたもの)とクリーム、スクランブルエッグをはさんで食べます。フレッシュトマト、香草、チキンをはさむ店もあります。

エンチラーダ Enchilada エンチラーダ

パリパリに揚げたトルティージャの上にミートソースをかけ、その上にキャベツの千切り、トマト、角切りポテト、ゆで卵、粉チーズを乗せたスナックです。

タマーレス Tamales タマーレス

塩と水で練ったトウモロコシの粉の中に、トマトソースと鶏肉を入れてバナナの葉でくるんで蒸したものです。他に、Tamales de elote(タマーレス デ エロテ)というトウモロコシの粉と砂糖と水で練った甘いものもあります。これはクリームをかけて食べます。

ティクコ Ticuco ティクコ

塩と水で練ったトウモロコシの粉の中に、豆を入れてトウモロコシの皮でくるんで蒸したものです。タマルよりも小さめの大きさです。

エンパナーダス Empanadas エンパナーダス

水でこねたトウモロコシの粉の中に具を入れて、鉄板焼きにします。焼きたてのエンパナーダ(ププサとも呼ばれます)の中に野菜の酢漬けや千切りを入れ一緒に食べます。具の種類は店によって変わりますが、代表的なものはチーズ・フリホーレス・豚挽き肉・鶏挽き肉・季節の野菜・ミックスです。組み合わせ方によってさらに美味しい味になります。お好みの味を探してみてはいかがですか?

Top

Entradas 軽食

お酒のおつまみに、軽食に、お食事のエントラーダス(前菜)として美味しい料理です。

アナフレ Anafre アナフレ

ホンジュラスの名物料理です。素焼きのポットの上に載ったお皿で、フリホーレスソース、チーズが炭火で温められています。アツアツのソースをトルティージャチップですくって食べます。

ナチョス Nachos ナチョス 

タコスチップの上にトマト、たまねぎ、香草のサラダ、チーズソースをかけたものです。 映画館などでも売られているスナックです。Guacamol(グアカモル=アボカドディップ)をのせる店もあります。

Top

Sopa スープ

具だくさんソパ(スープ)とトルティージャ、アロス(ごはん)のお昼ご飯はいかがですか?

ソパ デ ガジーナ Sopa de Gallina ソパ デ ガジーナ 

鶏肉が美味しいホンジュラスでお薦めのメニューです。鶏から摂っただしで、野菜とハーブ類を加えて煮たあっさりスープです。地鶏をガジーナ、ブロイラーの鶏をポジョと呼びます。トルティージャやご飯を入れてリゾット風にして食べる人もいます。

ソパ デ モンドンゴ Sopa de Mondongo ソパ デ モンドンゴ 

牛の胃袋などの内臓から摂っただしで、野菜、バナナ、ハーブ類とココナツミルクを加えて煮込んだスープです。
ちなみに牛肉が入ったスープはSopa de Res(ソパ デ レス)といいココナツミルクを入れない透明のスープです。

ソパ マリネラ準備中 Sopa Marinera ソパ マリネラ 

渡り蟹、えび、貝、魚から摂っただしにココナツミルクと野菜を加え、クリーミーに仕上げた魚介類スープです。カリブ海沿岸のガリフナ族から伝わった料理です。

Top

Carnes 肉料理

コパン産の牛肉、豚肉、地鶏は、野性味あふれるしっかりとした味です。

カルネ アサーダ Carne Asada カルネ アサーダ 
Parillo(パリージョ)と呼ばれる焼き網の上で焼いた焼肉です。炭火でゆっくり焼くので香ばしさと焦げ具合が食欲をそそります。

Filete フィレテ 
ヒレ肉のことで柔らかい腰の部分を調理したものです。


Lomo ロモ 
ロース肉のことで柔らかい背中の部分を調理したものです。
Lomo de res a la plancha(ロモ デ レス アラ プランチャ) =牛ロース肉の鉄板焼き

Fajitas ファヒータス
肉の細切れのことで、Plancha(プランチャ)と呼ばれる鉄板の上で玉ねぎ、トマト等と一緒にチリソースなどで味付けして炒めた料理です。

ピンチョ Pincho ピンチョ 

ピーマン、トマト、たまねぎ等の野菜と肉を金串にとおして炭火焼きにしたものです。鶏、牛、豚肉を取り合わせたPincho Mixto(ピンチョ・ミクスト)や海老を焼いたPincho de Camarones(ピンチョ デ カマロネス)も美味しいです。

ポジョ アル ロロコ Pollo al loroco ポジョ アル ロロコ

鶏胸肉、ロロコという花のつぼみ、卵、チレ(青唐辛子)、野菜と一緒に煮込んだコパン名物で濃厚なクリームシチュー風の料理です。

フライドチキンとバナナチップス Pollo Frito con tajadas ポジョ フリート コン タハーダス

ポジョ・フリート(フライドチキン)にパリパリに揚げたタハーダス(フライドバナナ)が添えられます。フライドポテトとは違った美味しさがあります。付け合せにコールスローサラダ・にんじん・たまねぎ等のピクルスが付いてきます。

Top

Mariscos 魚介料理



ペスカード フリート Pescado frito ペスカード フリート 

淡水魚のティラピアの腹に野菜を詰めた丸揚げのフライです。新鮮なものは、身が柔らかくしっとりとしていて美味しいです。

フィレテ デ ペスカード Filete de pescado フィレテ デ ペスカード

魚の切り身のことをフィレテと言います。切り身に小麦粉を軽くまぶして揚げたムニエルです。

Top

Postre デザート

甘いもの大好きなホンジュラス人の、甘さたっぷりのパステル(ケーキ)はいかがですか?

チョコラテ コン フレサ Pastel de chocolate con freza パステル デ チョコラテ コン フレサ

苺チョコレートケーキのほか多くのケーキを楽しめます。
「パステル デ バナノ」はクリームケーキにチーズとバナナでこくと甘みを加えたバナナケーキです。

ケサディーア Quezadia ケサディーア

しっかりとした生地のチーズパウンドケーキです。素朴な味がコーヒーとよく合います。

フラン デ ココ Flan de coco  フラン デ ココ 

フラン(プリン)にココナツをトッピングして、チェリーソースをかけた甘~いデザートです。店によって味加減が違います。またフラン・デ・ケソというチーズプリンを置いてある店もあります。

アヨテ エン ミエル Ayote en miel  アヨテ エン ミエル

アヨテというカボチャを食べやすい大きさに切り、黒砂糖(ミエル)とイチジクの葉とシナモンでコトコト煮たスィートです。ハローウィンのお祭りや11月2日のDia de Muerto(先祖供養の日)の季節に良く食べられるコパン名物です。

Top

Fruta フルーツ

常夏のホンジュラスは、一年中トロピカルフルータ(フルーツ)を手軽に食べることができます。マヤ時代から食べられているものから日本でもお馴染みのものまでいろいろとあります。市場に行くと旬の果物が並んでいますので、是非お試しください。

マンゴー Mango マンゴー 

マンゴーの季節は3月~7月で、酸味が少々ある若い緑色のマンゴーは塩、ハーブ、チリソースで食べます。木で完熟させて出荷されたマンゴーは、とろける甘みです。露店では、カットして袋に詰めたマンゴーが10~15Lps.で購入できます。

パパイヤ Papaya パパイヤ

パパイヤの最盛期は2~5月ですが一年中食べることができます。
日本で見かけるものよりも大きく長いです。露店ではカットして袋に詰めたパパイヤが10Lps.で購入できます。

メロン Melon メロン

メロンの最盛期は11月~4月ですが一年中食べることができます。
1個25Lps.程で購入できます。メロンのフレッシュジュースも美味しいです。

パイナップル Pina ピーニャ

ピーニャ(パイナップル)の最盛期7~8月ですが一年中食べることができます。甘みが強く美味しいです。食べやすい大きさにカットしたパイナップルは市場、通り、バスの中で10Lps.程で購入できます。

ナンセ Nance ナンセ

ナンセの季節は8~9月で、黄色い実をそのまま食べるとお腹を壊しやすいので、必ずよく洗ってください。季節になるとコメドール(定食屋)でナンセジュースを飲むことができます。

Top

Bebida 飲み物

陽射しの強い町中を散策したら、トロピカルジュース、4種類の国産ビール、味わい深いコーヒーなどでホッと一息入れましょう♪

カフェ Cafe カフェ 

コパン県にコーヒー農園があることから、多くのメーカーのコーヒーが販売されています。 町の
カフェで飲み比べをしてみてはいかがですか?

リクアード デ フルータ Licuado de fruta リクアード デ フルータ 

果物が豊富なホンジュラスでは、一年中フレッシュジュースを飲むことができます。水か牛乳と少量の砂糖をジューサーで混ぜるのが一般的で、お客の好みによって混ぜ方を変えてくれます。フルーツの組み合わせ方で多くのバリエーションを楽しめます。写真左はパパイヤ、右はトロンハ(グレープフルーツ)です。

レフレスコ ナトゥラル Refresco Natural レフレスコ ナトゥラル

果実に水と砂糖と氷を入れ漉したジュースです。 日本では見慣れないナンセ(甘酸っぱい実)、タマリンド(甘みのある実)、モラ(ラズベリー)、オルチャタ(小麦)、マラクーヤ(甘酸っぱい実)などのジュースを試してみてはいかがですか?
写真はテ・デ・ハマイカ(ハマイカ花茶)です。

コパン ドライ Copan Dry コパン ドライ 

1945年開業のコパン県産まれのオリジナル炭酸清涼飲料水です。左からイチゴ、クリームソーダ、パイナップル、バナナ、フルーツポンチ、オレンジ味の6種類です。これを飲めばあなたもCopaneco!?(コパネコ=コパンっ子)

アトール Atol アトール 

古代マヤ時代から飲まれている温かい飲み物です。トウモロコシをすりつぶしてシナモンと砂糖で香りと甘みをつけて屋台で売っています。

セルベサ Cerveza セルベサ 

ホンジュラス国産のビールは4種類あります。飲み比べをしてみてはいかがですか?左から、Salva Vida(サルバ ビダ) Imperial(インペリアル) PortRoyal(ポルト ロイヤル) Barena(バレナ)で、価格は18Lps~です。

Licores リコーレス

コパン県で生産されているお酒です。サトウキビから作られたRon(ロン)、Agua ardiente(アグア アルディエンテ)、 果物から作られたリキュールのTimochenco(ティモチェンコ)があります。他に首都テグシガルパ産のリキュール(コーヒー、ナンセ、オレンジ)もお土産に人気です。

Top

コパン・ルイナス市観光マーク

INDEX
Home |インフォメーション | 旅のスペイン語 | 旅の持ち物
町並み・マップ | イベント | 遺跡 | 博物館 | ツアー | ホテル | レストラン | ショッピング | 料理 | コパン日本祭
http://copanruinas.web.fc2.com/


  Copyright © 2007-2009 Tourism Unit of Municipality of Copan Ruinas All Rights Reserved.
inserted by FC2 system